2011年1月9日日曜日

明けましておめでとうございます

大晦日・新年は実家で過ごしてきました。

御神饌(おみこく)
初詣ででいただきました。紅白がキレイです。
東京に持ち帰り、ゆっくりいただく。一息入れる時間って本当に大切です。


ほうじ茶プリン


大晦日に作る。いろいろ食べた後なので、のど越しが良いものを。

お雑煮



今年はお雑煮リサーチをする。写真は嫁ぎ先のもの。
シャケとイクラが入る。他、鶏肉・ごぼう・大根・にんじん・かまぼこ・長ねぎ・こんにゃく・かまぼこ。出汁はとらない。酒・塩・醤油で味付け。餅は四角。焼くかゆでるかしたものを加える。

祖母は、あごだしをベースに、やはり、シャケ・イクラ・大根・ごぼう・こんにゃく・かまぼこ。にんじんは入れない。味付け、餅は同様。

母はかつお&昆布出汁に、酒で戻したほたて・キノコ・油揚げが入る。シャケとイクラは入らない。私達が小さいころ、生臭がったからだとか。今食べると全然生臭くないのだけど。味付けは同様。

共通しているのは、
○野菜は短冊に切る
○かまぼこ・こんにゃく・長ねぎ・ごぼうは入る
○塩・醤油・酒で味付け

同じ地域でも各家庭によって微妙に違います。
料理の作り方を聞くなんて、全くなく育ったので新鮮でした。
思春期は田舎のなにもかもがイヤで、反発ばかりしていたので、こうやってお雑煮の作り方を聞く日が来るなんて思ってなかった。他にもいろいろ教わってきました。後は手を動かして、体を使って、身体に刻んで、受け継いでいけたらいいです。

自然食の仕事に携わって10年が経つ。
今思うと、動機は反発心や怒りでした。母親達の作るものを否定していた時期が長かった。否定することがアイデンティティだったわけです。
それらを通りこして。やっぱり、育った味は美味しいですよ。それが、添加物入りの調味料だったり、農薬を使った野菜だったり、抗生物質を与えて育てた肉だったりしても。