2011年3月24日木曜日

デーツ&カシューナッツ

震災太り中です。
地震から3日間くらいは、デーツとカシューナッツを常に常に常に食べていました。

食べないわけにはいかない気持ち。不安と危機感。無力感。そして、食べること、生きていることへの罪悪感。
揺れに揺れつつも、冷静に観察している自分もいる。食べることで不安を解消し、感覚を麻痺したがっているんだなと思う。

自分を責めている場合じゃないと思った。立ち止まっている場合じゃないと思った。今、私にできることを必死に探していた。

でも。本当は、責めている私も、立ち止まってどうしていいか分からない私も、いるってことを認めて欲しかったんだ。冷静に分析なんてして欲しいわけじゃなくて、大丈夫、大丈夫って言って欲しかったんだ。
欲しいものが手に入らない時、それを埋める為に食べる。でも本当に欲しいものでなないから空虚感を感じている。空虚感は堪え難いのでますます食べる。
本当に欲しているものって、自分につく嘘も虚栄もすっかりはぎ取った後にした分からないのかもしれない。

食べることは生きることです。
過剰な食欲は、時に自分自身をホリスティックに生きる為のメッセージです。
体はいつだって正直なんだ。頭はけっこう嘘つく。

私、自分が思っている程強くない。でも。弱くても、揺れてもいいんだ。

どんな自分であってもいい。どんな感情も感覚も受け入れていきます。
そこからしか始まらない。
そして、在りのまま、全てに祈ります。

☆デーツとカシューナッツ。カシューナッツは冷凍したまま食べるのが好き♬



・・・こんな風なこと書くつもりじゃなかったのだけど・・・
書きはじめたらいろいろ出てきました。