2012年1月16日月曜日

祈りのカフェ

コピーライター・大和田瑞穂さんとセラピスト・原キョウコさん主催の「祈りのカフェ」でおやつを作らていただきました。

原さんの案内文より
========================
わたしたちひとりひとりが、
いかなる状況であっても
自分自身の内なる声に耳を傾け、
こころの中に小さな灯をともすこと。
そしてそれを持続し続けること。
ひとりだけでなく、誰かと分かち合えること。

そんな「場」を作ろう、と思っています。
========================

太陽・共存・祈りをテーマに、ドーム型のケーキ焼きました。


レシピはベジタリアン対応にしました。
ケーキのまわりのクリームは、カボチャ・ココナッツミルク・豆乳などで作ったカスタード風のクリーム。中には、シナモン風味のカボチャペーストとくるみをサンドしています。
ケーキの上には動物達。
大地のようだね。と参加者の方。肥沃な大地の上で語り合う動物達。でき上がってみたら大地のケーキとなりました。
お茶は、ラズベリーリーフティとミントと生姜のブレンドティーを用意しました。

祭壇・1


祭壇・2


祭壇・3


各自お持ち頂いたキャンドルを灯し祈りました。

私は祈りながら出てきた沢山の物語と共に静かに踊り、改めて3.11以来抱えてきた感情を受け入れました。無力感と罪悪感。それらの感情に、亡くなった方々に、残された方々に、この地球に、全てに。光を送り、私自身も光を受けて。
新生です。新しい地球へ。

今回はおもてなしの在り方の学びも大きかった。
もっと、空気のようになれたらいいなぁと思いました。身体的には丹田への意識と深い呼吸。軽い足運び。感覚的にも色々ありそうなので少し掘り下げてみよう。
次回は3月に開催が決定しています。
おやつ、おもてなし共に喜んで頂けますように。

2012年1月12日木曜日

こんなかんじでした

おしながきです。


黒豆餡の茶巾絞り


胡桃と黒ごまペーストが入っています。洗双糖の甘み。黒ごまペーストが入るとコクがでます。
豆を煮ながらストーブの上で豆が煮えていて傍らで縫い物しつつ、外は雪。みたいな光景を妄想したりしてました。・・・真逆ですが。
餡を練るの楽しいです。たまに無になります。

南天


寒い時期は実の赤い色がうれしいです。南天の木があるといいな。

カルダモン緑茶


緑茶につぶしたカルダモンを加えます。すっきりした味わいに。和菓子風の甘いものとの相性が良いです。カルダモンは胃腸にも良いそうです。

よもぎ茶



九州の天日乾燥のもの。ヨモギ茶。体が欲している時はとても美味しい。他のお茶とのブレンドもおすすめです。
ほうじ茶・ミントティーあたりが良く合います。

この他に玄米甘酒を用意しました。
寒い時期の甘酒おいしいですね。初詣でやお参りで頂いた記憶も蘇ります。お参りで甘酒屋さんがあると必ず飲みます。
酒粕の甘酒も麹の甘酒もどちらもおいしい。
今回は麹のものを用意しました。少しの塩と生姜を加えます。

2012年を迎えて、改めて「今を生きる」というメッセージを受け取っていました。というわけで集中して体にいよう!と決めてのストレッチスタート。
ところが。すごくがんばらないと体にいることができない。体にいよう!と力みすぎるので空間への意識が薄くなる。気を抜くと眠てるか白昼夢を観ているか。白昼夢は意識を向けるとそれなりに面白いのだけど、ほとんどが流れている何か。こちらも空間への意識は薄い。
きっと普段もこんな風に生きているんだなあ・・・
意識のONとOFFが自在に出来たほうがもっと面白いと思うのでお稽古です。ONでもOFFでも冷めた視線・俯瞰の目があるともっと面白いなあ。
なんてことを終わったあとつらつら考えてました。

ふと、「拡大した自然体」という言葉が浮かびました。
体なんだけど体を超えた体。


2012年1月7日土曜日

ヒーリングストレッチ&リラクセーション

ストレッチクラスのお知らせです。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ダンスセラピスト・原キョウコさんのヒーリングストレッチのワークの後にスイーツをお出ししています。白砂糖やバター・卵などの動物性の食品は使わずに、体に優しいおやつを作っています。

日時:1/8(日)14:00~16:30
場所:恵比寿社会教育館 和室(JR恵比寿駅/日比谷線恵比寿、広尾駅下車。渋谷駅、恵比寿駅からのバスもあります)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
寒さ本番ですね。
今回は、体を芯から温める。胃にすっと収まる。テーマです。
食べるのって楽しい。みんなで食べるともっと楽しい。
最近、バターや卵も使うのもいいなぁ。と思っています。どんな素材もすべて地球の恵みです。




あけましておめでとうございます!

自然食のお仕事に関わって10年目になりました。
自然食や自然療法のお勉強はすべてが楽しかった。役に立つことも沢山あったし、食を通して先人の叡知に触れ感動したこともたくさん。
それらは大切な私の一部ではあるけれども、2012年を迎えて新しい方向性がはっきりしてきました。
今まで、食を通して健康で豊かに生きる提案をしてきたけれども、その根底には「健康になる為には〜を食べるべき。〜するべき」という現状否定の信念とジャッジメントがあった。それらを無意識に共有することでお仕事が成り立っていたのかもしれない。
色々なプロセスを経て健康と幸せも、病と幸せも全く関連していなかったのだと思い知りました。軽くアイデンティティ崩壊して、すっきりしました。
今この瞬間私は完璧で幸せだったら何を食べる?何を選ぶ?
今までの知識はすべて手放してただただ身一つで五感を頼りに。でも感覚すらも手放す。
すべてが遊びになってゆくようでわくわくしてます。