2012年1月16日月曜日

祈りのカフェ

コピーライター・大和田瑞穂さんとセラピスト・原キョウコさん主催の「祈りのカフェ」でおやつを作らていただきました。

原さんの案内文より
========================
わたしたちひとりひとりが、
いかなる状況であっても
自分自身の内なる声に耳を傾け、
こころの中に小さな灯をともすこと。
そしてそれを持続し続けること。
ひとりだけでなく、誰かと分かち合えること。

そんな「場」を作ろう、と思っています。
========================

太陽・共存・祈りをテーマに、ドーム型のケーキ焼きました。


レシピはベジタリアン対応にしました。
ケーキのまわりのクリームは、カボチャ・ココナッツミルク・豆乳などで作ったカスタード風のクリーム。中には、シナモン風味のカボチャペーストとくるみをサンドしています。
ケーキの上には動物達。
大地のようだね。と参加者の方。肥沃な大地の上で語り合う動物達。でき上がってみたら大地のケーキとなりました。
お茶は、ラズベリーリーフティとミントと生姜のブレンドティーを用意しました。

祭壇・1


祭壇・2


祭壇・3


各自お持ち頂いたキャンドルを灯し祈りました。

私は祈りながら出てきた沢山の物語と共に静かに踊り、改めて3.11以来抱えてきた感情を受け入れました。無力感と罪悪感。それらの感情に、亡くなった方々に、残された方々に、この地球に、全てに。光を送り、私自身も光を受けて。
新生です。新しい地球へ。

今回はおもてなしの在り方の学びも大きかった。
もっと、空気のようになれたらいいなぁと思いました。身体的には丹田への意識と深い呼吸。軽い足運び。感覚的にも色々ありそうなので少し掘り下げてみよう。
次回は3月に開催が決定しています。
おやつ、おもてなし共に喜んで頂けますように。