2012年9月2日日曜日

9/1ヒーリングストレッチ&リラクセーション

おしながきです。



抹茶プリン


前回のほうじ茶プリンのレシピとほぼ同じ。
とても簡単です。
家庭でも作りやすいように、簡単なレシピしてあります。
レシピはコチラに公開。
http://macrobimart.jp/recipe/r024.html


お茶は、ほうじハーブティーとレモンジンジャーティーを用意しました。
ほうじハーブティーはいつもその時々でブレンドを変えます。
今回は、ミントとヨモギ。ミント多め。
レモンジンジャーティーはヨギティーシリーズのもの。
甘草が入っていてほんのり甘い。


アイビー


我が家のベランダでぐんぐん育ってます。




青山にあるおもしろ本屋さん・ブッククラブ回の冊子。
原さんが持ってきて下さった。
現代にシャーマンとして生きる他ない人々がひっそりと、いる。


先月お休みだったから2ヶ月ぶりストレッチのクラスでした。
やや夏バテ気味だったのですが
場をセッティングしたり、お茶を入れたりするうちに良くなりました。
心と体は一つです。
ワクワクしてると体も活性していく。

ストレッチを終えて。
脇腹と足首が知らずのうちに詰まっていました。
詰まりや痛みに気づくことからセルフケアが始まります。

おやつを食べながらいろいろお話します。
話し、耳を傾けてゆくうちに今考えていることが明確になったりします。
今回出てきたもろもろ。

戦いを手放す。

戦いの裏に何があるか。
何の為に戦っているのか。
戦いの裏にある「欲」は何か。
欲・飢え・攻撃性。
何に飢えているのか。
怒りの奥にある感情は何か。

日常に起きる全ての戦いを手放す糧にしていく。
不快な感情を感じる出来事はすべて手放すチャンスです。
否認していると増幅するだけ。

無自覚にしない。
無自覚に否認する感情で行動することは
自分の軸を持っていないということ。

グレートマザーとの関係性と脱却。
ここでも剣が登場。
でも粗削りなのだ。かつて私の剣の切れ味は鈍かった。
かつて剣の傷が癒えた今、そんな剣を持つよりほかなかったことを
いとおしく思います。

戦いは愛の為に。私達は皆剣を持っている。
どれだけ美しく、切れ味の良い剣を持てるかは自分次第。
女性性の深さと男性性の強さは表裏一体です。

自分の立ち位置を明確に選択する。
そして、受け継いだ資質を生かしていく。
綿々と続く連鎖の中で受け継いだものを自覚していく。
受け入れることで、負の連鎖を変えることができる。

毎瞬選択し直せる。
軸を持つということ。
同じ空間にいるようで、まったく違う空間が重なりあっています。
どんな空間を作っていきたいか。

神殿である身体への敬意。
貸して頂いている身体への敬意。

孤独・Independent・自由

昔の夢をリアルに思い出した。
捧げる、守る。守る為の戦い。
何を捧げ、守っていたのかな?

こうやって書き出してみて。
飢えと摂食と怒りに取り組んだ日々を思いだしました。
それらは両親とご先祖様、神々との関係にも及ぶ。
様々な記憶、感情に翻弄され、
そして、最後に気づいたのは、
それらも全て自ら選びんでいたいうこと。
自分で光を遮っていただけだったということ。
自分で遮り、光に飢えていた。

初めから赦されていました。

有形無形全てのサポートに感謝します。